建設業許可とは

一定規模以上の建設工事を請け負う建設業者は建設業許可を受けることを義務づけられています。
無許可で営業を行うと罰せられる場合があります。

  
建設業許可が必要な工事  (元請or下請・法人or個人を問わず)
    
・建築一式工事以外で、1件の請負工事が500万円以上の場合
    
・建築一式工事で、1件の請負金額が1,500万円以上、
      
または延べ面積が150u以上の木造住宅工事の場合
一つの工事をフロア割りやスパン請けで請負い、それを複数個請負った場合はそれらの合計金額が対象となります。

 

根拠法令及び申請窓口

根拠法令・建設業法
申請窓口・各都道府県

 

建設業許可の種類

業種区分


土木工事

建築工事

大工工事

左官工事

とび・土木工事

石工事

屋根工事

電気工事

管工事

タイル・れんが・ブロック工事

鋼構造物工事

鉄筋工事

塗装工事

しゅんせつ工事

板金工事

ガラス工事

塗装工事

防水工事

内装仕上工事

機械器具設置工事

熱絶縁工事

電気通信工事

造園工事

さく井工事

建具工事

水道施設工事

消防施設工事

清掃施設工事



大臣免許・知事免許


建設業許可には「国土交通大臣許可」と「都道府県知事許可」があります。
この区分は、営業所の所在地によってなされます。2つ以上の都道府県にまたがって、営業所を設けている場合は国土交通大臣による許可になります。

一般建設業許可・特定建設業許可


一般建設業許可
建設工事を下請けに出さない場合や、下請けに出した場合でも、1件の下請代金が3,000万円未満(建築工事一式の場合は、4,500万円未満)の場合に必要な許可。

特定建設業許可
発注者から直接請け負った1件の工事において、下請負人に出す下請代金の合計が、3,000万円以上(建築工事一式の場合は、4,500万円以上)の工事を行う場合に必要な許可。

★お問い合わせ&ご相談★
メール&FAXは土日祝・24時間受付中

メールフォーム
又は
メール
D-FAX:020-4665-4370
電話:072−638−8302






Copyright (C) 2005 行政書士立石智美法務事務所 All Right Reserved