直線上に配置
動物法務のことなら・・・
LOVE  ANIMAL

トップ アイコン
トップページヘもどる

直線上に配置

2005年6月1日の「朝日新聞」によりますと、
分譲マンションの販売時にペットの飼育に関する説明が不十分だったとして
同じマンションに住む
動物嫌いの女性と愛犬家の男性が共同で、マンション販売会社に慰謝料など、損害賠償を求めた訴訟で、大分地裁は、動物嫌いの女性に11万円、愛犬家の男性に90万円の計101万円を支払うようマンション販売会社に命じる判決を言い渡したそうです。
  えっ?どいうこと?って感じの話しなのですが、元々、このマンション販売会社は「ペット禁止」との説明でマンションを販売したのです。
それで、動物嫌いの女性はこのマンションを購入したのですが、後に、このマンションは、売れ行き不振のため、販売会社は「ペット飼育可」に方針を変更。愛犬家の男性は、その「ペット飼育可
の条件で、このマンションを購入したのです。
で、その後、管理組合が「ペットの飼育は一代限り」と、決議したため、男性は入居時のわんちゃんが亡くなたたため、新しいわんちゃんを買ったけど、飼えなくなったそうです。
で、慰謝料など90万円
なのですが・・・。その飼えなくなったわんちゃんには、何もないのですよね・・・。
このわんちゃんだけ、特例で飼育可にするとか・・・。このわんちゃんには、罪無いのになぁ・・・。
人間も、精神的苦痛があったかもしれませんが、わんちゃんも、突然、それまでの飼い主さんとの生活を絶たれて、ものすごい苦痛を感じた筈。しかも、人間みたいに事情が分からない中で・・・。
いち、動物好きとして、わんちゃんのことを考えると、こういうトラブルは今後無いようにして欲しいです。
因みに、判決は、販売会社について「入居者同士にトラブルが生じる危険性を予測し、十分な説明をすべきだった」と判断。「(動物嫌いの)女性は精神的苦痛を受け、(愛犬家男性は飼い犬を手放すことを余儀なくされた」と指摘してます。

ショップやネット等で、かわいい猫ちゃんや、わんちゃんを見て、衝動的に購入して、その猫ちゃんやわんちゃんの特性を理解してなかったり、迎え入れるお家の態勢が充分でなかったりして「言うことを聞かなくて困ってるんです・・・」ということはありませんか?
 そういう事柄から発展して「もう、飼い続ける自信がなくなった」と、保険所等に持ち込まれる子たちがいます。
悲しくてさみしくて辛い現実です・・・。

もし、今、あなたが一緒に暮らしてるわんちゃんのしつけのことで、お困りなら、ぜひ相談していただけませんか?
メール相談は無料です。(実際のしつけや、出張相談は有料)

また、現在わんちゃん購入をお考えの方は、その飼おうとしているわんちゃんの特性・性格などよく調べてから、お家に迎え入れる準備もちゃんと整えて。にしてくださいね。
ご購入前の事前相談もどうぞ。

各相談は、こちらからどうぞ!(初回無料)

↓こんなトラブルもあったりします・・・。不動産屋さんと契約する前にちゃんと確認くださいね。
不動産とペットにまつわるご相談も当事務所まで!

★お問い合わせ&ご相談★
メール&FAXは土日祝・24時間受付中

メールフォーム
又は
メール
D-FAX:020-4665-4370
電話:072−638−8302

Copyright (C) 2005 行政書士立石智美法務事務所 All Right Reserved