注意!「わんこのしつけ」の前にこのページを先に読んでね。

・・・と、言いつつ、別にこだわり等はないのですが、わんちゃんのしつけをする前に、この犬語・カーミングシグナルを知ったり、理解してる方がしつけも楽しくできますよ。また、わんちゃんとの絆も深まるしつけがしやすくなりますよ。

あなたも、例えば上司や、ご両親や、彼氏・彼女など「この人、わたしのことわかってくれてるわっ♪」
「この人、わたしのこと理解してくれてるわっ♪」と思う相手の言うことは、比較的素直に聞く耳を持ちませんか?
「この人、全然わかってないなぁ〜」と思うような相手の指示や命令は、なんか素直に聞けなかったりしませんか?(笑)
なので、愛犬にしつけをしようとする前に、まず犬本来の習性などを理解してあげて欲しいな。と思います。
「習性?難しいことは嫌だな・・・」とお思いですか?(笑)
わたしも、難しいことはニガテ(>_<)なので、簡単な方法を!
それが「犬語・カーミングシグナル」なのです。

難しく考えないで、日々共に暮らす愛犬の行動・しぐさを、今までとはちょっと違った目線で見てみてください。
今まで以上に、愛犬が愛しくなりますよ♪「けなげだなぁ〜」。とか、「あ〜。そんなふうなことを伝えてたんだね〜」と、犬のかわいさ、かしこさにメロメロになること間違いなしです♪

犬語って?カーミングシグナルって?

 すごく簡単にはしょって表現すると、カーミングシグナルとは「犬の言葉」です。
ご存知のとおり、わんこは、人間が話す言葉を持ちません。
しかし、犬は犬同士でコミュニケーションをとるための手段を持っています。犬は群れる習性を持った動物なのですが、
その群れや、または敵に対して、自分の生命等を守るために体や表情を使って、他犬とのコミュニケーションをとります。
人間の中で、家庭で暮らすわんこは、その家族を自分の群れとみなしてます(群れの話しは「わんこのしつけのページ」を参照ください)。その自分の群れの仲間(飼い主さんの家族)とコミュニケーションをとるために、犬の言葉(感情の表現)として体や表情で出すしぐさやボディランゲージが「カーミングシグナル」です。
飼い主さん家族以外にも、他の人間や犬に対しても、このカーミングシグナルを出します。

犬はストレスや不安を感じたときや、自分自身の興奮を鎮めたいとき、落ち着かせたいときや、恐怖心や不快な刺激や威嚇を受けて、やめて欲しいとき、和らげたいときなどに、このカーミングシグナルを出します。
それは、人間や他の犬と友好的に付き合いたいための、犬のコミュニケーションの手段なのです。
犬は、本来争いの好まない動物なので、このカーミングシグナルを出して、争いを回避するためのコミュニケーションをとるのです。

実際のわんこのおしゃべりを見て見ましょう〜。





犬語を話す&理解する カーミングシグナル

代表的なカーミングシグナルのまとめ

代表的なカーミングシグナル
実際に使って、愛犬とよりよいコミュニケーションを!