本文へジャンプ XX月XX日 

 

動物由来感染症をご存知ですか?

動物から人にうつる病気があります!

「動物由来感染症」とは動物から人に感染する病気の総称です。
人と動物に共通する感染症として「人畜共通感染症」とか「ズーノーシス」という言葉もありますが、日本の厚生労働省では人の健康問題という視点から「動物由来感染症」という言葉を使ってるようです。

世界保健機関(WHO)では、「脊椎動物と人の間で自然に移行するすべての病気または感染」と定義しています。
なお、「動物由来感染症」には、人も動物も重症になるもの、動物では無症状で人が重症になるもの、その逆で人は軽症でも動物は重症になる病気など、病原体によって様々なものがあります。
日本は比較的、動物由来感染症が少ない

世界では、従来知られてないたくさんの新興感染症が見つかってます。
動物由来感染症は、これらの新興感染症が見つかる以前に世界保健機関(WHO)で確認されているだけでも150種類以上あります。
・・・が、しかし、日本では・地理的要因(温帯で島国)?家畜衛生対策等の徹底・衛生観念の強い国民性などの理由により、動物由来感染症は比較的少ないとされてます。

しかし!日本でも・・・。
オウム病(部屋で飼うインコの糞で感染し、高齢者がひどい発熱。動物園でも集団発生)
エキノコックス症(キタキツネの糞で感染して20年後に発症。治療手段は外科手術)
Q熱、パスツレラ症、猫ひっかき(バルトネラ)病(犬、猫がふつうに持ってる病原体で、過度の接触で感染することあり)
レプトスピラ症(感染ネズミの尿で池や河が汚染された場合、水遊びで感染することあり)
クリプトコックス症(ハトの糞で免疫力が弱ってる人が感染)
などの感染症が、日本でもありました。

むやみやたらに恐れることは無いですが、日常生活で注意して人もペットも身体に不調を感じたら早めに、医療機関にで受診を!

日常生活で注意すること
犬の予防注射と登録 飼い主には狂犬病予防のため法律で義務づけられてます。
過剰なふれあいは控えましょう 細菌やウイルスなどが動物の口の中やつめにいる場合があるので、口移しで食べ物を与えたり、スプーンや箸の共用はやめましょう。
動物にさわったら必ず手を洗いましょう 動物には病気を起こさなくても人には病気を起こす病原体があります。
動物の身の回りは清潔にしましょう 飼っている動物はブラッシング、つめ切りなど、マメに手入れをして清潔にしておきましょう。小屋やクレート、サークル、鳥かごなどはよくお掃除をして、清潔に保ちましょう。
タオルや敷物、水槽などは細菌が繁殖しやすいので、こまめな洗浄が必要です。
糞尿は速やかに処理しましょう 鳥やハムスターなどの糞が乾燥すると空中に漂い、吸い込みやすくなります。糞に直接触れたり吸い込んだりしないよう気をつけ、早く処理しましょう。
室内で鳥などを飼育するときは換気を心がけましょう
砂場や公園で遊んだら、必ず手を洗いましょう
野生動物の家庭での飼育はさけましょう 動物由来感染症予防のためにも、また動物資源保護の観点からも、輸入および国内にいる野生動物いずれの飼育もさけましょう。

感染症のおはなし  
エキノコックスって・・・? 人のエキノコックス症は、死亡率90%という注意すべき病気です。感染からしばらくは無症状ですが、数年から数十年ほどたって上腹部の不快感・膨満感など(初期)の自覚症状が出ます。黄疸や倦怠感などの症状から進行して肝機能障害を起こしたりします。肝臓機能が広範囲に破壊されたりもします。
 これに対して、犬の方は感染しても無症状か下痢をする程度で、死亡することもなく薬で治療できます。
 感染経路  北海道のキタキツネが主な感染源。糞中に病原体であるエキノコックスの虫卵を排出する。
エキノコックスに感染したキツネの糞をエゾヤネズミが食べるこのネズミをキツネや犬が食べるこのキツネや犬の糞をネズミが食べる
という、感染サイクルがあったりするのです。
エキノコックスに感染した犬とのスキンシップによって人間にも感染します。
北海道で放し飼いをして感染した犬もキタキツネと同様に感染源となります。
 感染状況・予防   北海道で、ノーリードで野外などで遊ばせたり、放し飼いをしたり、また、リードをつないでいても、ネズミがいそうな場所には近づけないことです!!!
キタキツネ等との接触も避けてください。
愛犬がネズミを絶対に食べないように注意してください。感染します!

 日本で、2003年までに確認されたエキノコックス患者は435人に上がります。ここ10年くらいは毎年10人前後が新たな患者になっています。

人は血清等で検査可能であるが、治療方法は外科手術。
犬は糞で検査可能で、治療方法は駆虫薬等。



動物由来感染症